投稿時、お好きなアイコンをこの 一覧 (←ここをクリック!)から選んでくださいね。
背景を→ Lavender Garden さんからお借りしました。m(_ _)m
  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ 過去ログ ┃ ホーム ┃ 番組掲示板 ┃ 催し物掲示板  
6 / 185 ←次へ | 前へ→

【3933】saigoノbansan(2016) 感想
らいおん  ぎょうざ  - 16/3/22(火) 3:30 -

引用なし
パスワード
    面白そうで割と近いので久しぶりに、ある舞台を見てきました。
 舞台なので、ほとんどネタバレしないように感想を書きますね。筋とかには触れませんが、ただすみません、具体的なこととかを幾つか判ってしまうかも。
 という訳ですので、お知りになりたくない場合は、以下はご覧になられないでくださいね。


●公演情報

 タイトル: 劇団TEAM-ODAC第20回本公演『saigoノbansan(2016)』
 公式サイト: http://goo.gl/1h0YgA
 公演日: 2016年3月16日(水)〜20(日)
 劇場: 全労済ホール/スペース・ゼロ http://www.spacezero.co.jp/
 出演: 崎本大海、近野成美、西原健太(TEAM-ODAC) 他(敬称略)
 脚本・演出: 笠原哲平(TEAM-ODAC)


●到着まで

 3月17日(木) 2回公演(演劇ファン用語で通称マチソワと言うそうですね)のうち、1回目 14:00 開演の部(通称マチネと言うそうです)に参加してきました。

 東急東横線が便利になって副都心線に乗り入れ、新宿まで一本で行けるようになったので横浜市から割と楽に行けました。新宿3丁目で乗り換えて丸の内線で一駅で新宿へ。久しぶりの新宿西口でしたが、いややはり大きい街。一瞬迷子になりそうでしたが(苦笑)目印のマックを見つけて一安心。そこの角を曲がり5分くらいで全労済ホールにはすんなり着けました。
 予め写真で見ていた通りで綺麗なガラス張りの外観。


●開演まで

 入口の受付のお姉さんが胸に付けた丸いバッチには、主演の崎本さんのお顔が印刷されていました。
 中に入ると、待合室の椅子などがお洒落でこれまた綺麗。
 様々な出演者達に贈られてきた沢山のお花を見ていたら、中に崎本さん宛てに青木さやかさんからのお花も有りました。以前、アニーの舞台で、姉のハニガンの役で青木さん、弟のルースター役で崎本さんでご共演されたからでしょうね。
 上演は途中休憩無しの2時間25分とのこと。

 会場に入って驚きました。結構斬新な舞台。
 ちょうど、コの字になっているような形。3方に客席があって、四角い部分の舞台を見るようになっているんです。ただ舞台といっても盛り上がっているわけではなく単に床。客席と同じ床。前の席だと観客と舞台との間が至近距離。
 奥の客席の無い箇所と、その箇所の上の階段の上。左右の入口。この四か所から出演者が入れ替わり立ち代わり出入りするので、とても臨場感が有ります。
 ネットで予約したとき、残念、S席は完売で私はA席だったんですが、幸運にも前から2列目だったので、出演者がよく見えました。


●いやあ予想以上に

 シビアでハードな内容だったので驚きました。Σ(゜□゜;
 題名とパンフレットから、終焉の日に向けて、キリストの最後の晩餐の絵のように、皆で横一列に並んで、しみじみと最後に好きな料理を語ったり食したりするのか…とぼんやり考えていたら・・・と〜〜〜んでもございません(笑)。
 その理由は殺陣(たて)。事前にこれがあることが判っていたから楽しみでしたが、こんなにガッツリ有るとは! それがカッコ良くもあり、そして恐ろしくもあり。そして前述したように、至近距離だし、照明が頻繁に暗くなったりもして、更に若手の出演者が多くエネルギーに溢れかえっててどなりまくりで、背筋がゾッとしたというのが正直な感想です(苦笑)。
 私は、どうも他の方々とは違って、大人のクセして普段子供番組ばかりを見ているという特異な位置にいるので、どうしても軟弱で免疫力が弱いんだと思います(汗)。
 この世界観を例えると、う〜〜ん、最近の若者の漫画を読んでいないから例えが古過ぎると思いますが、北斗の拳の世界みたいな。


●出演者の皆さんが

 今回ほぼ全員若い方々で入れ替わり立ち代わり登場なんですが、この殺伐とした世界の描写の中でも、悪漢達の戦慄の時間と、善玉の人々の和んだ時間とが、うまくミックスし配されて、硬軟取り混ぜられていましたね。それで観る方が交互に、緊張したり、くつろいだりして楽しめるようになっていると思いました。
 その若手の中でも女性も多く、AKB48の前田亜美さんやAKBをご卒業された中塚智実さんもいらっしゃいました。男性陣だけだと荒い殺伐とした空気になりますが、この女性陣の方々のお蔭で、かなり怖さが緩和されていたと思います。やはり明るい声や無邪気なおふざけ、思いやりに溢れたシットリとした言葉等で、癒されますね。^^
 あと、肝っ玉があって洒落っ気があるお母さん役で、明星真由美さんと仰る女優さんが良い味を出してらっしゃいました。^^

 脚本・演出の笠原さんの作品は今回が初見なんですが、観てて、若手のやりとりの部分が経験が豊富でお得意なのではないかなと勝手に思いました。皆で、小競り合いをしたり、和み合ったり、小馬鹿にしたり、すねたり、甘えたり、笑い合ったり。こういった部分が劇中多く、またそれが生き生きとしてとても自然でした。


●主演&座長の

 崎本大海さんがtwitterでその大任の意気込みを熱く語っていらしゃいましたが、いやもうこれは大変でしょうね(汗)。
 私はその世界に疎いので、実際の所はもちろんよく判らないんですが。
 まず主役なので、自分の台詞、演技(と殺陣)を覚えなければならなくてその分量が沢山。更に座長となれば、挨拶とか色々あって、他のメンバーの面倒も見て。若手から相談されたらそれにも乗ってあげて…。う〜ん、他にもきっとあるでしょうね(汗)。
 以前、杉田あきひろお兄さんが、2005年頃にミュージカル「ちぎれた雲は どこへ行く」で同じ立場だったとき大変だと公式サイトで言っていたのを思い出します。

 生の崎本さんを拝見するのは今回2度目で、2011年5月 天王洲銀河劇場「カレーライフ」以来。あの時はコジローというちょっとクセのあるキーマンで髪を後ろで結んでいました。声もとても良いし、中々エッジの立ったメリハリのある演技で上手いなと感心しました。あとパンフレットの役者紹介の中で美丈夫と評されていたのが印象的で、イケメンという言葉はよく巷で使われるけど、この表現が何かピッタリだなと感じました。

 さて今回の山北悠斗という役。ずばり、合っていると思いましたね。というのは、今回の主人公、感情表現が複雑で色んな側面を見せる。まず妻との間の和み、優しい夫としての頼もしさ。そしてとんでもない悲惨な体験によるトラウマ。それを引きずる苦悩。そこからの気丈な奮起、反撃。そして最後は最後は何という結末…。・・・相当大変な役どころです。
 剛の者の男優は数多けれど、ナイーブな面を見せられる人って少ないような気がするんです。そういう素養を元々持ってらっしゃると私は感じているんで。また強気に奮起して強く突っ走る。「科捜研の女」の木島刑事の時は正義感が強いこういった感じが良く出てたと思います。こういったところ、今回の悠斗にも通じるものがあると。
 喜怒哀楽の表現力をそもそも広くお持ちな感じがしますね。今までブログやtwitterを拝見してても、リアルのお姿もそうでないかと感じる印象を受けます。そもそも役者さん向きでいらっしゃるかも。^^
 さて特に多かった殺陣のシーン、剣先が激しく舞う後半、特にカッコ良かった。スラッとした剣の伸び、そして動き、とても絵になりました。


 話が長くなるので、あと続けていきます。

166 hits

【3933】saigoノbansan(2016) 感想 ぎょうざ 16/3/22(火) 3:30 らいおん
┗ 【3934】(続) :saigoノbansan(2016) 感想 ぎょうざ 16/3/29(火) 3:17 らいおん

  新規投稿 ┃ ツリー表示 ┃ スレッド表示 ┃ 一覧表示 ┃ 検索 ┃ 設定 ┃ 過去ログ ┃ ホーム ┃ 番組掲示板 ┃ 催し物掲示板  
6 / 185 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:
0
C-BOARD v3.23 is Free.