投稿時、お好きなアイコンをこの 一覧 (←ここをクリック!)から選んでくださいね。 過去ログは 掲示板入り口 か本ページ末をご参照ください。  背景を→ Lavender Garden さんからお借りしました。m(_ _)m
280 / 340 ツリー    ←次へ | 前へ→

【251】2018年度 ファミコン&続投 ぎょうざ 18/2/21(水) 22:23 りさ姉+よし兄

【416】6/10(日) 春ファミコンdigest ぎょうざ 18/6/10(日) 21:25 ティラノサウルス
【418】各論(1/3) Re: 春コン ぎょうざ 18/6/12(火) 19:42 博士
【437】各論(2/3) Re: 春コン ぎょうざ 18/6/28(木) 6:06 体操・ダンスのお兄さん
【438】各論(3/3) Re: 春コン ぎょうざ 18/6/29(金) 7:41 コロボックル(その2)

【416】6/10(日) 春ファミコンdigest
ティラノサウルス  ぎょうざ  - 18/6/10(日) 21:25 -
 さあ、お待ちかね、本日 16:00〜17:00、皆さん、無事ご覧に、あるいは録画できたら良かったのですが。
 私も実況していました。よろしかったらご覧ください。
   https://twitter.com/gyouza_555
 大勢の皆さんと時間を共有しているとやっぱり楽しいですね。(^^)

 本日はこの大物放送があって、ワンパコ本放送で、おといつ本放送で、だいすけ兄のラジオ はじめのいっぽ も聴いて、もうテンテコ舞いです(汗)。おといつの録画視聴は明日以降になりそう。

 本春ファミコンの感想も少しずつ進めていきます。セットリストは↓で
   http://moi-moi.jp/index.html#b_20180610_c
 後でレスをする都合上、一番下にも書きますね。

 さて、まずは、全体的な話です。

◆ゆういちろう兄
 いやあ、大変でしたね。これは春ファミコン参加の方々のTweetで色々と予備知識がありましたが、確かに最初から最後まで大忙し。シルエット博士と普通の(?)兄にチェンジして着替えるのだけでも大変で、舞台裏が、お相撲さんとその弟子たちの支度部屋みたいにテンヤワンヤになっているんじゃないか?と思ったりしてました。(←おい) つまり、一人で着替えるのは大変だから、周りにスタッフさんが居て、マントを着せたりシルクハットを被らせたり付け髭を付けたりを超スピードでこなして。更にお豆戦隊がありましたからね。これがまた着替えるのが大変でしたよね;; 後ろのファスナーがまだ空いてるよ、イテテテッ、丁寧に閉めて! 肉が挟まったじゃん! …とかあったりして。って、あ、兄はスリムなので、あんまりつかえたりしない気がしますが。(^^)
 歌もテンコ盛りにあって、もう終盤は、汗まみれになっていましたね。いやあ、お疲れ様でした。お影で…じゃなかった、お陰で見応え十分で楽しませてもらえました。
 これで就任から3回目のNHKホールファミコンがこなせました。兄が今回シルエットはかせで主役の大舞台。大変だったですが、ここでまた大きな自信が培われたのではないでしょうか。(^-^)
 どの歌も良かったけど、敢えて一つ挙げると、実はずっと待ち続けていた♪あしたははれる。期待通り良かった! なぜ期待していたかというと…、それは後日各論の所で言います。

◆あつこ姉
 ゆういちろう兄共々、あつこちゃんも大変でしたね〜。シルエット博士に兄が着替えるためにこっそり(笑)抜けている所も一人で歌ってフォローでしたし。あつこちゃんは、おしとやかで上品ですが、動くときは、ピューーーンとすごいスピードで動きますね。普段の放送とか、ミニミュージカルでも感じたりしていましたが、今回も如実に感じました。
 歌が、とにかく連続が多くて、そして月歌がギッシリ入っていて、餡の一杯詰まったムッチリ鯛焼きを食べたみたいに、これは見応え聴きごたえ十分で半端ない満足感がありました。
 就任から3年目で、NHKファミコンもこれで5回目。お姉さんも、もうすっかりベテランで、見ていてとても頼もしく感じられました。
 どの歌も良かったですが、一つ挙げると、♪あおうよ!。これは、インタビューで好きな歌にあげられていて、だいあつ時代の就任直後の最初の月歌だったし、お姉さんも歌われていて、とても嬉しかったのではないでしょうか。だいあつ時代は1年だけだったから、その時代のには特別な思い入れがありますよね♪

◆よし兄
 特に影の手下さん達との攻防が見応え十分だったですね。
 大スクリーンでデジタル映像を入れながら、よし兄もスクリーンに登場したりするのに度肝を抜かれて、当日会場では大盛り上がりだったのでは?
 それから、これも一種の殺陣(たて)と呼んでいいのかな。影さん達と丁々発止みたいなやりとりがありましたね。それから、お互いの背中の曲線を利用して乗っかる所とかもありましたね。これらは練習を結構こなされたのでは。
 結構今回は、これらの見せ場のアクションシーンがあって、子供さん向けのファミコンとは言えどもハードな部類だったのではと思います。
 体操が、ストーリーの中に組み込まれたことって今までのファミコンでも何回か有りましたが、今回はこれまたスムーズで良い配置と感じました。最初の衣装のまんまで体操という珍しいパターンの今回で、これが斬新で面白かったです。

◆りさ姉
 何と言ってもパント!のコーナーですね。まずりさちゃんの影役の影の方と、鏡みたいな左右対称の動き。これがだいたく時代の♪お猿と鏡みたいで面白かった。あれは大変で、そっくり揃うように、お2人で練習されたと思うんです。あと、それから二人で、少しずれながら、動く所もありましたね。あそことかは、もっと大変だったと思うんです。あれもかなり練習されたことでしょうね。

◆チョロガラムー
 シルエット博物館に行くということで、今回は特に助手のムームーがクローズアップ現代!…じゃなかった主役でしたね。色々と楽しい場面が多く、途中、失敗してガッカリ凹んでいたけれど、最後には嬉しい結末が待っててハッピーエンドで良かった。
 あと、今回は着ぐるみ劇の劇中歌では無く、チョロガラムーの三体が、兄姉の月歌を結構歌ってくれましたよね。最初の ♪ぱんぱかぱんぱんぱーん。♪シェイクシェイクげんき!。ここに大きな特徴があり面白かった。
 そして、皆さん、歌がこれまた巧くて、聴き応え十分でした。

◆影のアンサンブルの方々
 最初「影の軍団」…と書こうとしたら、アクションスター千葉真一さんの昔の映画を思い出してしまいましたが(苦笑)。今息子さんの新田真剣佑さんが俳優としてご活躍中ですね。
 話を戻して、呼び方を、もうちょっと優しい言葉で「影の手下さん」としておきます。^^ 随所でご活躍でしたね。まさに影だけに「黒子」にもなってくれていました。
 りさちゃんの影になった女性の方、特にお姉さんと揃えた演技が必要で、ご苦労様でしたね。
 それからストーリーの終盤、シルエット博士が突っ伏している時に横で介抱していたな男性。その博士思いのお世話にジーンとしました。

◆エンディング クレジットを見て
 脚本が杉山王郎さんで、これは以前からファミコンを手掛けてくださっている大御所でいらっしゃいました。うまくシルエット博士の特徴を作者では無いのに随所で捉えて見事だと思いました。それからいつもワンパコの構成・脚本を担当してくださっていて、ご多忙でしょうに今回担当、ありがとうございました。
 音楽は、斎藤ネコさんで、これは懐かしくて嬉しい! ポコポッテイトの時代、おかいつに多大な貢献をしてくださいました。
 演出・振付 が振付屋かぶきもんさんで、おかいつでは常連でいらっしゃいますね。
 だいすけ兄が、ブログで前にお2人とのお写真を掲載してくださっていました。参考に指させて頂きますね。
   https://ameblo.jp/daisuke-yokoyama/entry-12378596584.html

 投稿アイコンは、シルエットクイズのお題で出てきていたコレにしますね。

---
「シルエットはくぶつかんへようこそ!」 16:00〜17:00
  【追加の表記】a:博物館の影の方々
♪オーバチュア(サウンドはシルエットはかせのテーマソング ♪かげはともだち シルエットはかせのうた)  a
●博士が博物館正面に液晶で登場 助手のムームーが友達を連れて遊びに来るよ。  Y(博士)
♪ぱんぱかぱんぱんぱーん  ガラぷ♪
♪おはよう!  Y♪A♪LU ガラぷ♪  @YAは1F、LUは2Fの客席から登場
  ★Y:水色,黄色,桃色が混じった長袖ブレザー、青いループタイ×青い長パン
  ★A:上が桃色,水色で下が黄色の半袖ワンピースドレス、巻き毛にしてフワッとさせた髪形(青い髪飾り)
  ★L:黄緑色,桃色,水色ブレザーの長袖、インナー紫色×黄色い長パン
  ★U:黄色,青紫,橙色,白が混じった半袖×水色等のスカート,黄色いホッパン、ポニーテイル(黄色い髪飾り)
♪なないろのしゃぼんだま  Y♪A♪LU ガラぷ♪
●挨拶 〜 影を作らないとシルエット博物館に入れない。今日のお題は「兎」。この歌を歌えば判るわよとA。
♪パンダうさぎコアラ  Y♪A♪LU ガラぷ♪
●鍵が開き感激する全員。僕に案内させてとムームー。ムームーに世界の影を紹介するよう促した博士の声。
♪ともだち賛歌  Y♪A♪LU ガラぷ♪a   影絵ボードに友達の影 YAも指人形で参加
♪おもちゃのチャチャチャ  A♪LU ガラぷ♪a   影絵ボードに箱やオモチャや月や星
♪かげはともだち シルエットはかせのうた  ♪Y(博士) ALU ガラぷa
●博士に挨拶する皆。博士が皆に椅子、食事を勧めるも、それらは影。
●影発生機でとっておきの影のクイズ。
  「前から見た影」「上から見た影」「同じものを横から見た影」→正解「恐竜(ティラノサウルス)」
●影発生機でムームーに写真を撮ってもらったYALU。
●チョロミーを止めようとして間違ってレバーを押したムームー。撮った写真の影が逃げて行き大騒ぎに。
♪おいかけて、かげ(New)  Y(博士)♪ A♪LU ガラぷ♪a
●Uが自分の影と鏡プレイ
●パント! 風船  U Uの影
♪おいかけて、かげ  Y♪A♪   @歌いながら客席→舞台へ
♪ぞうさん  Y♪A♪
♪ねこ ときどき らいおん  Y♪A♪
♪とり  Y♪A♪
♪ほしぞらカーニバル  Y♪A♪
●影2体を追いかけるL。縦に裂け目の白いスクリーンで出たり入ったり。
●スクリーンのティラノサウルスの巨大の足の裏に潰されそうになる。
●ブンバ・ボーン! L チョロミー ムームー 影2体
●影達に好かれて抱えられて、博士の所に戻るL達。
●自分のせいと凹むムームー。励ますチョロミー&ガラピコ。
♪シェイクシェイクげんき!  ガラぷ♪a
●博士の影を見つけられずに悩むムームー。『お豆の夢は何だ?』と突然の声。『立派な助手になることです』とムームー。
♪おまめ戦隊ビビンビ〜ン  Y♪A♪L♪U♪ ガラぷ   ★YALU:豆衣装
●小さくなった博士の影を取り出しムームーに渡したY(えんどう豆)
●『光有る所に常に影有り』と博士の声がして、3つのカーテンを開けてお日様の光を入れるチョロガラムー、a。
●シルエット博士が元に戻った。シルエット博士から博物館のメダルをムームーにプレゼント。
♪メダルあげます  Y♪A♪LU ガラぷ♪a
♪あおうよ!  Y♪A♪LUa
♪あしたははれる  Y♪A♪LU ガラぷ♪a
♪ベルがなる  Y♪A♪LU ガラぷ♪
引用なし

パスワード


337 hits
・ツリー全体表示

【418】各論(1/3) Re: 春コン
博士  ぎょうざ  - 18/6/12(火) 19:42 -
 では、進行に沿って感想です。


>「シルエットはくぶつかんへようこそ!」 16:00〜17:00
>  【追加の表記】a:博物館の影の方々
>♪オーバチュア(サウンドはシルエットはかせのテーマソング ♪かげはともだち シルエットはかせのうた)  a

 最初にアンサンブルの方々(影の手下さん)が6人登場してダンス。
 黒いベレー棒で黒いアイマスク。黒と赤と白の三色の衣装でシルエット博士と同じカラーでにくいですね、さすが手下さん。同じ格好だから誰が男性か女性かパッと見判りませんでした。
 う〜ん、このよくヒーロー物の敵方の手下になっているような風貌…。何に似ているか記憶を呼び覚ましてみたんですが…。
 最初、キューティーハニーのパンサークローの手下似かな?と思ったら…そうでもありませんでした。
 初期の仮面ライダー。あの黒に白い骨で、目鼻口が出てて『イーッ!』という奴ら。その前のベレー帽タイプが居たんです。
 それに色は似ているかな。こちらです。→ https://bit.ly/2y1UirR


>●博士が博物館正面に液晶で登場 助手のムームーが友達を連れて遊びに来るよ。  Y(博士)

 親投稿の総論でで書こうと思ってて忘れましたが(汗)、今回の舞台、全体的に背景がとても凝ってましたよね〜。色んな生き物やグッズの影が沢山有ったり、大きなスクリーンに色んなデジタル映像が出てきて動き回って楽しませてくれたり。ここにしっかり予算かけてたと思いました。

 さてゆういちろう兄…じゃなくて博士が出てきて、ここで皆に挨拶。ここで今日のメンバーが招待されて博物館に来るというストーリーの概要が判りましたね。
 『…いっしょに来るエット』と言ったりして、この後も語尾を『…エット』にするのを連発してましたね。勝手に私はシルエット語と呼ぶことにします。(^o^)

 さて、今回の博物館について、ちょっと事前に触れておきたいことが。
 昨年末の冬特番、忙しくて、感想を書いてる暇がありませんでした(汗)。12/21(木)〜23(土)の三日間、「たんけん!ふしぎなびじゅつかん」が放送された時に、美術館にシルエット博士が隠れていて色々楽しい仕掛けを兄姉に見せてくれました。あれを見て浮かんだのが二つ。

(1) これは有名な曲ですが、みんなのうた で ♪メトロポリタンミュージアム というのがありますね。私は本放送の時にリアタイしてませんでしたが人気作だったからかよく再放送されます。大貫妙子さんのオットリしたミステリアスな声が素敵。これはワンワンとスプーの旅でも放送されました。この曲でもそうですが、博物館って色んなのが陳列されていて、子供心にも不思議な怖さがありますよね。
(2) ゆういちろう兄がミュージカル好きですが、超有名作品に「オペラ座の怪人」ってありますね。パリの有名なオペラ座の奥底に、実は仮面をつけた怪人が住んでいたというもの。古式ゆかしき建物には何か住んでそうな…そんなおどろおどろしさがありますよね(怖)。それでシルエット博士が美術館に居た…って設定、似つかわしかったと思いました。

 で、話を戻して、冬特番では「美術館」でしたが、今回は「博物館」?
 ということは、美術館が博士のセカンドハウスで、この博物館の方が手下さんもいて大きそうだしメインハウスということなのかも(推定)。二つも持ってて、よっ、金持ち!(^0^)/ (←)

 会場の皆に、エトエトシルエット!の名フレーズとポーズを練習させて、博士の姿が、あっ、影になって空を飛んでいった! CG素晴らしい。Twitterでそういう声が出ていましたが、空を飛ぶピーターパンみたいでしたね。実は、シルエット博士が登場してきた初回の感想で、ピーターパンについてちょっと触れました。というのは、ピーターパンはウェンディの家で愛犬ナナに影を奪われてしまい、取り戻しにやってくるんですよね。


>♪ぱんぱかぱんぱんぱーん  ガラぷ♪

 さて手下さんの次はいよいよ兄姉では無くて、何とチョロガラムー! 着ぐるみの方が先に出るのは、これは地方コンでもお馴染みですね。そして歌ってくれたのが、昨年7月の月歌で着ぐるみが歌ってくれるなんて! 3人の高い声がよく響いて可愛いこと。『…出発だ!』と歌詞に入っていて、冒険をスタートさせる曲だから、始まりのこの状況にピッタリフィット
 歌が終わると、助手になった自分が案内するとムームー。彼は助手だから…既に中に入ったことはあるんでしょうね。
 そして兄姉を呼びますが前も言ったように、着ぐるみが兄姉を呼ぶときには、…さん!で敬称で、兄姉が着ぐるみを呼ぶときには呼び捨てだからちょっと面白いっす。


>♪おはよう!  Y♪A♪LU ガラぷ♪  @YAは1F、LUは2Fの客席から登場
> ★Y:水色,黄色,桃色が混じった長袖ブレザー、青いループタイ×青い長パン
> ★A:上が桃色,水色で下が黄色の半袖ワンピースドレス、巻き毛にしてフワッとさせた髪形(青い髪飾り)
> ★L:黄緑色,桃色,水色ブレザーの長袖、インナー紫色×黄色い長パン
> ★U:黄色,青紫,橙色,白が混じった半袖×水色等のスカート,黄色いホッパン、ポニーテイル(黄色い髪飾り)

 うひゃぁー、会場から登場! 地方コンでも何度もありましたが、客席の方々、嬉しいですよね。何かこれをされると公演の感動が2割増しになるような…。ってパーセンテージは適当に言ってます(←)。
 4人の服の色合いが面白い。皆、色んな色とりどりをアトランダムに組み合わせたような統一感。面白くていいなあ。
 よしりさが2F通路を小走りで客席の皆さんと手タッチ。いやあ触れた方、ラッキーでしたね。おめでとうございました。
 あつこちゃんも歌いながら1F席の方とタッチ。触れた方ラッキーでしたね、
 ゆういちろう兄は、歌詞がイェイの所でちょうど、(^o^v Vサインを出してくれて決まりました。
 ご存知2月の月歌で、爽やかで明るい曲なので、これも出だしにピッタリ。
 壇上で待つ着ぐるみ達の所NHKに、ゆうあつがまず登りました。


>♪なないろのしゃぼんだま  Y♪A♪LU ガラぷ♪

 歌が始まると、ゆうあつとチョロガラムーでまずは5人で。
 この4月の月歌も好きなので嬉しい! コンサートでは初ですね。2月、4月と兄姉の実写が続いた月歌だったから、このコンサートでも続いてくれたのが嬉しい。
 あつこちゃんが、最初、ムームーと手つなぎしているのが仲良しさん!
 ゆうあつの歌声に混じって、着ぐるみも一緒に歌ってくれていたのが貴重。
 そして、1F席でもよしりさがお客さんとひとしきりタッチをしてくれて、そして歌の途中で壇上に参入。
 そして『…た〜び〜…』の所では、よし兄+チョロミー、りさ姉+ムームーで、飛ぶようにそれぞれ円を作りクルクル。うん、優雅でいいなあ。


>●挨拶 〜 影を作らないとシルエット博物館に入れない。今日のお題は「兎」。この歌を歌えば判るわよとA。

 そして兄姉4人がそれぞれ挨拶。門が開かないと困った顔のりさ姉。影を作らないと駄目とムームー。ふむふむ鍵の役割をしているのかも。
 パッと兎の顔がここで映しだされ、なぁんだ簡単簡単これでしょ!と、何かよく判らないポーズをしたチョロミー(笑)。この絵と全然違いますね、と早速ガラピコから冷たいツッコミの洗礼を浴びてしまいました(苦笑)。
 ふふふふふ、とあつこちゃん。出ました、あつこちゃんのフフフフフ。すりかえ仮面の時もミミィの時にも定番。そしてこの歌を歌えば判ると次の歌へ。


>♪パンダうさぎコアラ  Y♪A♪LU ガラぷ♪

 Twitterでツッコミを入れたのが↓です。
   https://twitter.com/gyouza_555/status/1005708804485345281
 ♪アイアイ とか ♪こぶたぬきつねこ とかもそうですが、序盤に子供っぽく明るく手を元気に動かす曲が来ると、ウォーミングアップになりますね。^^


>●鍵が開き感激する全員。僕に案内させてとムームー。ムームーに世界の影を紹介するよう促した博士の声。

 あ、たった1問であっさり開いた(笑)。色んな影の絵が飾られてあって、ハサミ、カブトムシ、キノコ、バナナ、ペンギン、時計、鶏。
 ああ〜、すっごぉぉいとりさちゃんが凄く大きな声(笑)。
 ここで手下さん達がでっかいホワイトボードを左右から持って来て二つ繋げました。
 案内役を任されて張り切るムームー。世界を旅しよう! で次の歌へ。


>♪ともだち賛歌  Y♪A♪LU ガラぷ♪a   影絵ボードに友達の影 YAもパペットで参加

 手下さん達がボード裏で手でパペットを作り操作。回転する地球上の人々の影も手下さんが表現し、ゆうあつが左右からそれぞれ片手を裏に差し込んで参加。
 マイクはヘッドマイクだったから良かったけど、歌いながら手を差し込んでだから大変そうでお疲れ様でしたね。
 ゆういちろう兄の担当部分の歌詞で…アフリカ、ポリネシアと出てきたのが、何か唐突感があって面白かった。(^_^) ポリネシア…ねえ。ミクロネシアも忘れないであげて欲しい…とちょっと思いました。
 あとボード下に、小道具のヤカンが置いてあったのが面白い。


>♪おもちゃのチャチャチャ  A♪LU ガラぷ♪a   影絵ボードに箱やオモチャや月や星

 チョロミーから歌いだし、すやすや…の歌詞の所で、よしりさがネンネポーズで可愛い。
 ゆういちろう兄はここで姿が見えなくなったから、こっそり博士に着替えに行ったでしょうね。


>♪かげはともだち シルエットはかせのうた  ♪Y(博士) ALU ガラぷa

 ボードが片付けられると、左奥の扉から博士登場。
 歌いながら博士が投げキッスを送ると、脇にいた、あつよしりさの三人がビューンと感激で飛ばされるような動き♪
 あつりさの女性陣がズキュン♪になったのは判るとして、よし兄まで混ざらなくて良いのでは(笑)。
 歌に合わせて、手下さんと兄姉着ぐるみ皆で、スローモーションも交えたアダルティなダンスがセクシィ〜
 やはり、この歌、低音部分が多くて、ゆういちろう兄…じゃなくて博士にピッタリ。アニメ版は出てきたけど、こういう風に生身で歌ってくれるのって貴重。
 これは博士のテーマ曲だからか、今回の舞台序盤の大きな見せ場だったですね。
 歌舞伎だとしたら、『よっ、待ってました、シルエット屋!』w(^0^) と声をかけたくなる所です。 (そんな屋号は有りません)
 最後は博士をセンターに横一列に並んだ手下さん達。全部で7人。アップでここで見れて、あっ、ベレー帽が深緑だったですね。
 7人組というと、色々といらっしゃると思いますが・・・まずパッと私は、3代目J Soul Brothersが浮かびました。でもヴォーカルは博士だけで他6人はパフォーマーですよ。


>●博士に挨拶する皆。博士が皆に椅子、食事を勧めるも、それらは影。

 ゆういちろう兄を除くあつよしりさの3人の影を愛でる博士。ちょうどスポットライトが当たって影がよく出るようになってましたね。次に着ぐるみが挨拶をして、その影も愛でる博士。ガラピコの影は『カクカクした影』と評してました。^^
 椅子も食事も影で、何とも博士「人が悪い」。(^^;;
 椅子の時、『座れないよ』とあつよしりさが言うと、『ウィ』と言ってましたね。フランス語の Oui (はい)で、シルエット博士、前にシルエットがフランス語と言いましたが、フランス語を話せるようです。そういえば怪盗アルセーヌ・ルパンはフランス人ですが、博士の風貌もそれに似ている気が。


>●影発生機でとっておきの影のクイズ。
>  「前から見た影」「上から見た影」「同じものを横から見た影」→正解「恐竜(ティラノサウルス)」

 ここで色んな歯車が付いた装置を手下さんが持ってきました。
 そして水曜日のような影クイズ。最初正面からだったけど、後ろじゃなくて良かったと思いました。ティラノサウルスのお尻の穴が見えちゃ恥ずかしいですから。…というか、後ろだったら尻尾で見えないか。あと、影だからさすがに穴は映らないね。(^o^;(←ばか)
 第1ヒントではまだ会場のお友達も判ってない様子。
 よし兄がキリンのように脚から顔を出してくれて、りさ姉がブンバ・ボーンのトンネル!と大きな声。
 博士が笑って↓でした。
   https://twitter.com/gyouza_555/status/1005711155606614017

 いつものムームーに聞くのではなく、博士が今回はチョロミーに聞くと、『チョロミー!』と何と自分を!
 『ハズレット』と( ^▽^)σσで指を可愛いポーズで指した博士。
 チョロミーちゃん・・・ちょっと自意識過剰系だったかも。(^o^;
 第二ヒントが上からの俯瞰で、判り易くなりましたね。ガラピコが『大きい物ですか?』と訊き、『ロボット君するどいぞ』と答えた博士。
 第三ヒントでほぼ判り、会場が喧々諤々。
 ムームーが更にヒントで、『最初にキョが付く』と言ってたけど、「ティ」では?と思ってしまいました。
 キョッ、キョッ、うーん。もしかして「巨人の星」? あ、全然関係無いね。
 わかった、「キョ(コ)インロッカー!」、って鍵が付いてないですしね。
 あ、変なボケは要らない? はいはい。
 そしてあつこちゃんがおっとりと『みんなセーノで答えましょう。』。
 答が出て、ティラノの模型を手下さんから受け取った博士。
 そして、影についていつものように多角度から博士とムームーで分析して解説。


 ということで、続きはまた後で投稿しますねー。(^^)/
引用なし

パスワード


350 hits
・ツリー全体表示

【437】各論(2/3) Re: 春コン
体操・ダンスのお兄さん  ぎょうざ  - 18/6/28(木) 6:06 -
 再放送期間に入ったので続きを書きますね。


>●影発生機でムームーに写真を撮ってもらったYALU。

 この機械、色んなレバーが付いていますね、と訊いたガラピコに、そうなんだ、実は写真も撮れるんだと博士。
 ここで色めきたった他の兄姉達、私も僕も!で一緒に映りたいと所望。何かチャッカリしてましたね。(^_^)
 『苦しゅうない、苦しゅうない』と嬉しそうな博士でしたが…。え? その台詞? 前はウイとかフランス語っぽくて、今度は殿みたいな口調。う〜ん、どういった国籍なのか、正体が怪しいですね。(^o^)

 ムームーがシャッターレバー相当となり、4人をパシャリ。博士曰く、今撮れたのは影の写真なんだ。
 確かにその通りで、撮れたショットは、
  ・よし兄が、ははは、ブンバ・ボーン!のオカピーの格好をしているし(笑)。
  ・りさ姉とあつこ姉は、そもそも似ていて、二人ともスカートだし、
    影になると更に激似!(笑)
  ・その撮影前の姿で確認すると、あつこ姉が左端で、片足レの字のピョン。
   タンポポ団の時にはコレですね。
   まだ、あつこちゃん版は出てきていませんが。
  ・りさ姉は、片手を挙げてピース。うんうん、いつもの明るい弾けた様子
    がよく出ています。
 それにしても、ゆういちろう兄が居ないよ、と誰も言わないからウッカリさん達です(笑)

 ここで撮った写真、インスタ映えするかな?とかも言って欲しかったけど、兄姉はブログもInstagramもやっていないので、載せられないですね。ただ、ネットということでいうと、すくコムさんに載せてもらうという手はあるかもしれません。インタビュー付きで(にやり)。( ̄▽ ̄)


>●チョロミーを止めようとして間違ってレバーを押したムームー。撮った写真の影が逃げて行き大騒ぎに。

 元々チョロミーって、普段の着ぐるみ劇でも好奇心旺盛な感じですが、ここでも勝手に触ろうとして…それを止めようとしたムームー・・・なんか不自然な動きで、自分自ら積極的にレバーを押したようにも見えたけど、それだと筋に沿わないことになるから、これ以上は黙ってましょう。(^m^)

 ここで影の手下さん達が、博士&兄姉の影役になってましたね。
 四方八方に散っていってしまい、そりゃあもう大騒ぎさの ヽ(゜Д゜)ノ てんやわんやに!
 ここで、呟いたのが↓です。
   https://twitter.com/gyouza_555/status/1005712362731536384
 よし兄は客席に逃げた影まで追いかけていきましたね。
 兄姉と影達が、ときどきこうストップモーションのような動きになったりも。
 過去のファミコンで、こういうことって何回かあった記憶がありますね。
 例えば、2000年春コンの「はじめまして!ぐ〜チョコランタン」とか。


>♪おいかけて、かげ(New)  Y(博士)♪ A♪LU ガラぷ♪a

 これが今回のファミコンのメインのテーマ曲でしたね。
 作詞 杉山王郎さん、作曲 斎藤ネコさん、で、今回のメインスタッフペア。
 博士が歌い、そしてムームーも、そしてあつこ姉も歌に参戦。
 博士の歌声、いやあ、低音が響き渡って安定した声量で、これが唸る巧さ。まさにミュージカルって感じ。
 ここで博士は一番最初に捌(は)けていき、最後は、あつこ姉とチョロミーが歌いながら客席に降り立って締めてくれました。あつこちゃんもチョロミーも含めて皆、低音が光っていた歌でしたね。


>●Uが自分の影と鏡プレイ

 最初に影が後ろにいるのにりさ姉が気づかなくて、会場の子供達が口々に教えようとしてくれました。ここもドリフ的でしたね。(^o^)


>●パント! 風船  U Uの影

 りさ姉が半パン+薄い羽衣のようなスカートおどき というボトムズだったので、足が露出していて綺麗でしたね♪ これが普段は見られない姿。
 あと、パント!というと圧倒的に多いのは、スタジオで子供さんと姉で二人。それから特番の時には、チョロガラムーの誰かとというパターンもあります。地方ファミコンの時には、壇上で一人で。
 今回は、影子さん(←勝手に命名)と二人で…ということで貴重で見応えがありましたね。
 あと、飛ばされるーーで、風船に持っていかれる所では、ここは二人同じ動きではなく、影子さんが飛ばされて、りさ姉が追いかけてキャッチするという面白い動き! りさ姉も普段は飛ばされる方だから、キャッチする子供側の立場に立てたのって新鮮だったでしょうね♪ (^▽^)
 そしてここで仲良くなって、『一緒に帰りましょ』となりました。見事、捕獲1号と相成りました。(^.^v


>♪おいかけて、かげ  Y♪A♪   @歌いながら客席→舞台へ

 ここで、呟いたのが↓です。
   https://twitter.com/gyouza_555/status/1005714734614605826
 追いかけて追いかけて…♪ という歌詞だったから、Twitterで見てて、吉幾三さんの ♪雪国 が浮かんだ人が多かったようです。^^
 ここでは、博士では無く、ゆういちろう兄に代わりましたね。兄は、影が逃げた時には居なかったから、被害者の一人では無いんですが、ここであつこ姉と共に切実な表情。まあ、堅苦しいことは言っちゃいけません(苦笑)。人のことまで心配してあげる、世話好きで親切で優しい人…ということなんでしょう。(^-^)
 さて、歌が終わって、影を呼ぶために歌を歌おうと姉の提案。う〜ん、歌が「釣りの餌」みたいでした。
 さて、ここから怒涛の動物の歌四連荘(よんれんちゃん)。(←これって麻雀用語です。まあ4連続…と捉えてくださいませ)


>♪ぞうさん  Y♪A♪

 腕をユッタリゆさゆさ振って歌うゆうあつ。後ろには歌に合わせて象親子の影が。
 この歌も、♪アイアイや♪いぬのおまわりさん のように、もう歴代の兄姉が耳がダンボになるほど歌ってくれた曲。


>♪ねこ ときどき らいおん  Y♪A♪

 この曲は、すくコムで、ゆうあつが最初に歌った曲とゆういちろう兄のコメントにありました。…ピッチ感がすごくフィットした気がした…と言ってましたね。すくコム → https://bit.ly/2Kr0dIC
 こちらも背景にちゃんと、猫、ライオン、猿、ゴリラと出てきた。…ゴリラが大きくて…ちょっとキングコングみたいで怖い(笑)
 歌の後、どんどん集まってきたよ、影は歌が好きなのね、僕たちと一緒だね
 と (^o^)人(^o^川  ハイタッチしたゆうあつ。う〜ん、仲良し!


>♪とり  Y♪A♪

 ををっと、ゆうあつの月歌が来てくれました。これも二人の代表曲だと思っているんです。
 最初、あつこ姉から歌いだし。次にゆいちろう兄。ここで、黒いダチョウのパネル絵が出てきました。そして影絵には象に乗った鶏が。いつもの月歌の時のようにBGMに色んな鳥の鳴き声が入っているのがいいなぁ。
 さて、前二曲で哺乳類でしたが、ここで鳥類までカバーしました。


>♪ほしぞらカーニバル  Y♪A♪

 最後は一番元気で賑やかなこの曲。大きなお尻、ゆさゆさと…と兄が歌うと、いやいや大きく無くて小さい…と思ってしまうんですが。(^^;
 あつこ姉は、次の羊のカカトを踏み鳴らす所のステップの踏み方が大胆でこれまた巧かった
 歌詞に合わせて、黒いパネル絵で、牛、羊・・・あれ蛙は牛に小さいのがくっついて、モグラは羊にこれまた小さいのがくっついてました(笑)。
 ちょっと面白いなと思ったのは、クリップでもコンサートでもこの歌は、ゆうあつよしりさ4人ですが、ここでは貴重な歌班だけでしたね。

 さて、これで色んな動物達の影を戻すのに成功したゆうあつ。
 ゆういちろう兄は特にこの時点で汗一杯かいていてで大変でしたね。

 見てた時は、4つも歌連続で大変だな…と思ったんですが…。
 後で考えると、おかいつの子供向けの歌は普通の大人向けの歌より短いから、むしろ連続して一気にやった方が、ゆうあつは疲れなくて良かったのかもと思ったりしました。
 車の運転で、発進して止まってエンジン止めて、またアクセルふかして進んで、また信号待ちで止まって…とかすると、かえって疲れてしまうかもと。一気に続けて歌い上げた方が、トータルでは楽かもと。


>●影2体を追いかけるL。縦に裂け目の白いスクリーンで出たり入ったり。

 ここで、呟いたのが↓です。
   https://twitter.com/gyouza_555/status/1005715866330148865
 ここはよし兄、見せ場でしたね。影二体をステージ上で追いかけて登場でクルクル、アクロバティックにタンブリング。客席から思わず 歓声が。(^0^)
 そして縦の裂け目がある白いゴムみたいな正面の布を出たり入ったりしながら追い駆けっこ。デジタル映像の技術で、3体のよし兄が、布から顔を出すサプライズも。
 影二体が、映像の中を上に逃げていくとき…ここ、ヤモリみたいだ…と思ったんですが、も一度再生して見たら、道を上の方に逃げてたんですね。そしてその映像の中によし兄も入り込んで追いかける追いかける。
 そしてまた実物に戻って追いかけっこして、またデジタル映像に入り込み、
 今度は壁を登って逃げていく二人を、衝撃パンチで食い止め。風船を手に上昇して逃げようとする影の足を兄が捕まえた!
 う〜ん、全体的に、デジタル映像の妙でしたね。ここは非常にこれまた面白かった。今まで、ここまで映像を工夫したファミコンは無かった気が。


>●スクリーンのティラノサウルスの巨大の足の裏に潰されそうになる。

 影2体が合わさり巨大なティラノになって、その足の裏を必死で支えるよし兄。ギリシャ神話のアトラスみたい。天が落ちてこないよう支える役目をさせられた神です。
 大丈夫?と駆け寄ってきたチョロミー。
 99%無理かと…と、よし兄が潰されてしまうことを予測する冷たいガラピコ(苦笑)。
 体操をして皆でパワーを送ろう…とチョロミーが提案して、な゛る゛ほ゛ど゛〜と支えている最中に、ヒョイと体を外したよし兄。ここが笑わせ処だったですね(笑)。
 総じて、ここまでのデジタル映像と、兄+影2体の融合の流れ、お見事でした。
 親投稿で触れましたが、兄と影の方々、ピッタリ息が合った動きが必要で、まさに殺陣のようで練習大変だったでしょうね(汗)。お疲れ様でした。


>●ブンバ・ボーン! L チョロミー ガラピコ 影2体

 ここで、呟いたのが↓です。
   https://twitter.com/gyouza_555/status/1005716510210342912
 また元の恐竜の足の裏に戻り、皆に声援を求めて、それを受け取った瞬間! それが体操の始まりのフン!ハッ!の部分でしたが、恐竜が吹き飛びました。すげえええ。(^^) いやあ、怪力よし兄。
 ガラピコ、チョロミーも一緒に体操をして、体操に合わせて、アルパカやミーアキャットも背景に現れ、サークル駆けっこに差し掛かったら、何とここで影2体も参戦してきました。楽しくなって仲間になりたくなったんでしょうね。
 体操が終盤になると、背景にモグラとかカブトムシとかラッパとか色んな影が続々登場。ここでこれらの影も戻ってきたということだったんでしょう。


>●影達に好かれて抱えられて、博士の所に戻るL達。

 そして、影が2体ではなく6体現れ、よし兄を横にして抱え上げてくれました。よしお兄さんのことが大好きになったんでしょう…とガラピコ。

 それにしても、ストーリーへの体操のはめ込み方、見事でしたね。違和感がなくスッとのめりこんで楽しむことができました。

 さて、よし兄の功績でここでこれまた地引網でどっさり大漁だったみたいに影が捕獲できましたね。
 さあ、そしてまた博士のお城に戻っていくみんな。

 ということで、分割感想の最後をまた後で投稿しますねー。(^^)/
引用なし

パスワード


287 hits
・ツリー全体表示

【438】各論(3/3) Re: 春コン
コロボックル(その2)  ぎょうざ  - 18/6/29(金) 7:41 -
 ポーランド戦、フェアプレイポイントの差で決勝トーナメント決まりましたね。先に進めて良かった!
 では、最後の分割感想を書きますね。


>●自分のせいと凹むムームー。励ますチョロミー&ガラピコ。

 BGMのバイオリンがそれらしく(苦笑)、もの悲し気に鳴り響き、自分の失敗を嘆き悲しんいるムームー。助手失格だとしょんぼりムームーの鼻の頭を、チョロミーがパント!のロボットver,のりさ姉みたいに、チョンと押してあげました。うん、ムームーの鼻の頭、狼でボタンみたいで押してみたくなりますよね。(おい)


>♪シェイクシェイクげんき!  ガラぷ♪a

 うーん、この選曲がナイス。ちょうど歌詞の序盤に、シュンとしているのを元気づけて励ますような部分がありますよね。だからピッタリ。こんなふうにミュージカルのストーリーと歌の歌詞を自然に融合させる構成、メチャ好きなんです。(^^)
 ガラピコからソロで歌い始め、チョロミーのソロと続き、そして後半になると、ムームーが歌い出し元気を取り戻したかのよう。それぞれの声優さんの歌声が堪能できました。途中から影の手下さん5人も参戦し、楽しさ感が増幅。
 ところでチョロミーの吉田仁美さんは、おどろんぱの時代、ダンスと歌が殊更上手だったので、このダンスフルでアップテンポのこの歌にピッタリ。ご本人の姿で見てみたい気がしました。


>●博士の影を見つけられずに悩むムームー。『お豆の夢は何だ?』と突然の声。『立派な助手になることです』とムームー。

 『お豆の夢は何だ?』とよし兄の低音が響いた時、会場からどよめきが起きましたね。
 これはっ! ヽΣ(゜▽゜)ノ と皆さん期待されたんでしょうね!
 ムームーが答えると、『助手はまめにコツコツと』と兄姉の唱和する声。


>♪おまめ戦隊ビビンビ〜ン  Y♪A♪L♪U♪ ガラぷ   ★YALU:豆衣装

 ビビンがビン、ビビンがビン…とイントロが鳴り出すと、客席からワァァーと歓声が!(^^)/
 暗い所、正面で四人の扮装が見えましたが、この4人が至近距離で横一列だったのが何かツボ。月歌クリップでも、地方ファミコンの時も、こんなにピッタリと近かったのは無かったような。出てくる正面出口が狭かったせいもありますが。
 そして、ゆういちろう豆→あつこ豆→りさ豆→よし豆と順に「まめっ」発声をして、順にスポットライトが当たった演出がカッコいい
 地方コンの時と同様に、兄達は丸い豆頭で頭にボーリングのボールが乗ったみたい。姉達は横に長い豆頭でした。これらの扮装は、大阪ファミコンの時のと同じ。
 振付が、大阪コンと見比べてみたら↓、違う所結構ありました。ビンビンビビビーンと敏捷に腕を動かすサビの所は同じ。
   http://moi-moi.jp/cgibin/cb-moyuku/c-board.cgi?cmd=one;no=301;id=10
 最初の登場が大阪コンは後ろ向きで、今回は正面。
 それから、今回は正面出口に登場した後に、兄姉豆が階段を降りてきていましたからそこが違う。
 まるで、宝塚みたい。( ̄∀ ̄) …って、それほど大階段でも無かったしフィナーレでも無かったですが。
 また階段を逆に登ったりとバリエーション豊かな色んな動きも。これは「階段プレイ」と呼んでも良いかも。(←おい)
 横一列になって手渡し(豆渡し?)をする所は同じでした。兄姉、振付を覚えるの大変でしたね、頑張りました。

 よし兄の『おまめの夢はなんだ?』にあつこ姉の『私?あんこに成りたいの』がしっかり今回もあって、これがあるとこの曲全体の35%くらい私はもう満足です。(^_^)(微妙)
 『水分補給!』の所では、よし兄がガラピコのタンクにまさに水分補給する真似。わはははは、いやあ、ツボでした。面白い! ここ、よく考えましたね。(o^-')b
 夢は弾けるンパパパパーン…の所では、エンドウ豆ゆういちろうとムームーが手を掲げてハイタッチで回っているのが面白い。(^^)人(^^) よっ、博士&助手コンビ!
 一方、りさ姉とチョロミーとガラピコは三人ハイタッチで回転! 何か遊園地のアトラクションみたいで楽しい! ちょっとメリーゴーランドっぽいというか。
 おまめ戦隊は、普通兄姉四人(四まめ)ですから、着ぐるみが一緒のはレアでまさに春コンならではでした。
 それから、脇で影の手下さん達もユニットを組んで回っていて可愛い。

 あの空飛びたい空豆も、でゆういちろう豆が、手をパタパタと ゞ(∵)ゞ が小鳥みたいで可愛いかった(笑)。
 りさ豆が、『かもぉぉ〜ん!』と挑発の手招きをしてくれると、このセクシーな大人の女性、そんな台詞は無いけど『坊や…』って呼んでくれそうです。うひょ。(*^^*)
 前に本曲の月歌スレッドでブラックオドレーヌや、アフロダインAを例に挙げたけど、
 今も舞台でご活躍の夏木マリさんのヒット曲 ♪絹の靴下 が浮かぶなあ。 手招きポーズがお色気があってトレードマークとなりました♪ ええと例えが古過ぎたかな(汗)。
 あと何だろう。アニメ・キューティーハニーでは、女性主人公に合わせて敵も妖艶な怖くて美しいパンサークローのお姉さん達だったんですが、それを思い出したりもして…とこれでも例が古かったかな(汗x2)。

 さて、昨年10月の名物の月歌が、こうやって春コンに出てくれてまさにナイスタイミング、よっ待ってました!お豆屋っ(歌舞伎?)って感じ。胸がすく思いがしましたねー。\(^o^)/


>●小さくなった博士の影を取り出しムームーに渡したY(えんどう豆)

 『検討を祈る!ヘバ!』と黒い布(←博士の影)を渡してサッサと立ち去っていった、えんどうゆういちろうさん。あ、実は花田さんです。多くを語らず…なんかいじらしくてカッコ良かった…。
 何でそれを持ってたの?という万民が抱く疑問、その余韻をそこはかと残しながら…。(^o^)
 う〜ん、おまわりさんみたいに日々パトロールしていたのかもしれないですね。そして、君は何だ?と怪しい影を職務質問して捕えていたと。…あ、私の勝手な妄想です。

 ムームーが手渡された黒い布@博士の影は、まるで「端布(はぎれ)」みたいに小さい。ここでお豆戦隊はダッシュで捌(は)けて、舞台裏で急いで着替えていたと思われます。

 ここで、舞台中央には、博士らしい人が突っ伏していました。
 きっと影が無くなって、精気を抜かれてってことなんでしょうね。ちょっとハリーポッターで、ディメンターに命を吸い取られちゃった人が浮かびましたが…。
 脇で介抱してくれていた手下さんが優しい。
 …あ、新歓コンパで飲み過ぎて気持ち悪くなった新人と、それを介抱してくれてた先輩、じゃないです!(^^)/

 ここで、博士の代役の人が出てきてくれて顔を伏せて判らないようにしてくれていたわけです。
 博士の代役・・・。はい、ピッタリの表現があります。
 博士だけに・・・影。黒澤明監督の有名映画に例えると…
 影武者
 だったと言えるでしょう。(^0^)/

 実は見ていた時に、手品みたいに、この代役の人がゆういちろう兄とどこか途中で、すり替わると思ってたんです。
 でも途中で、お豆から元に戻ったゆういちろう兄が出てきて、二人同時に存在したから、それは無かったですね。そこまで実現するとこれは大変ですから。すりかえ仮面でも無理ですよねー。(^-^;;


>●『光有る所に常に影有り』と博士の声がして、3つのカーテンを開けてお日様の光を入れるチョロガラムー、a。

 『光有る所に常に影有り』と博士のナレーションの声が聞こえてきましたが、ここで思い出したことが。
 光と影の例えって、他にも色々な作品で今まであったでしょうが…。
 昔々の忍者アニメ「サスケ」のオープニング
 『光有る所に影がある。』、これが最初に出てきた有名なナレーションの台詞でした。この後、敵方の服部半蔵が火を噴いて、片目の柳生十兵衛が分身の術を使います。このアニメのオープニング、メチャかっこいいんです。
 くぅううぅぅ、今見ているdailiymotionの動画をポイントしたいんですが…ええっと、宜しかったらサーチしてみてくださいね♪
 なんか、この人って、いつも古い例え話ばかりしているよね〜(呆れ顔)…と思われることでしょうね。
 はい、すみません、当たりで私は実はそういう人なんです。(*^.^*)

 さてチョロガラムーと影の手下さん達が協力して、まずは右のカーテン、次に左のカーテンを開けることができました。
 真ん中のカーテンの所で、(着替えが終わったw)兄姉が登場し加勢して、引っ張ってカーテンを開けました。
 数珠繋ぎで引っ張ってて、♪おおきなかぶ みたいでしたね。
 最後が無事にオープンして、中央で生き返って立ち上がった博士。
 うーん、ここでアップで顔を映さなかったのがミソでしたね。(^^) 何せ影武者さんでしたからね。
 ゆういちろう兄が、『博士これで元通りですね』と話しかけると、
 『ウィ、メルシー(Oui, Merci))』と答えた博士。わお、またフランス語。
 兄と博士が向かい合っているのって、面白い構図でした。


>●シルエット博士が元に戻った。シルエット博士から博物館のメダルをムームーにプレゼント。

 いやあ、ここでメダルをご褒美に…ってストーリーがこれまた良かった。ここでも歌とストーリーの巧いはめ込み方でした。
 さあ、ここから最後の怒涛の歌・四連荘です。


>♪メダルあげます  Y♪A♪LU ガラぷ♪a

 やった、おさむお兄さんの名曲が!
 ゆうあつ版のアニメはもう既に放送されてますね。ムームーから歌い始めてくれたのがレアで嬉しい。
 …美味しいご飯運びました…の所があつこ姉のソロで、ツボ(喜々)。よくぞ割り当ててくれました♪ (^_^川
 レールさん…がガラピコ担当だったのもツボ。同じ金属系ですから。
 着ぐるみとゆうあつの混合の歌が聞けるのが、コンサートの醍醐味ですね。
 盛り上げに加勢の影の手下さん、途中、手の指でメダルの形を作ってくれていて、こういった細かい所の見せ場、好きです。


>♪あおうよ!  Y♪A♪LUa

 はい、もりちよこ先生と速水けんたろうお兄さんの名曲!
 もり先生は、おまめ戦隊とこの曲があったから、今回先生の有名曲が並んで嬉しかったですねー。
 さあ、2016年度だいあつ時代の最初の月歌! Twitterでここもご参加の方々、御視聴の方々、共に盛り上がっておられましたね。
 ここでは、ゆうあつよしりさ4人だけになり、兄姉の姿がクローズアップされてタップリ。
 元気があって、テンポが良くて、ラテンのリズム的で、明るくって、終盤の盛り上げ曲としてこれまた良い位置でしたよね。
 あつこちゃんは勿論何度も歌ってて、初のゆういちろう兄の歌声を聴いていて、声の響きが良くてノリが良くてエッジが効いてて、これは巧くて合って歌いこなしているなと思いました。
 最後の方になり、影の手下さんも参入。


>♪あしたははれる  Y♪A♪LU ガラぷ♪a

 そしてもう一つ、おさむお兄さんの名曲!
 もり先生の有名曲が2つ出てきましたが、おさむお兄さんもメダルと合わせて2つでしたね。
 ここで、今度は捌けていたチョロガラムーが参入。
 調べてみたら、この曲が登場するのは…2016/3/19(土)北海道苫小牧市のだいたく以来でしたか。
 いやあ、ゆうあつ共、気持ちがこもってて良かった。(^_^川 (^_^)
 親投稿で、
>>どの歌も良かったけど、敢えて一つ挙げると、実はずっと待ち続けていた♪あしたははれる。期待通り良かった! なぜ期待していたかというと…、それは後日各論の所で言います。
 と書きましたが、おさむお兄さん、名曲が幾つもありますが、天気系で言うと、♪にじのむこうに もありますね。
 こちらは、ゆういちろう兄が、だいすけ兄と交代の挨拶の日に、最初に歌いました。そしてその後、何度か歌う機会がありました。
 これも良かったですが、この ♪あしたははれる、きっともっと合うだろうと予想してたんです。
 というのは、♪にじのむこうに は全体的に明るくホワワンと温かいですよね。
 こちらの ♪あしたははれる は、出だしから特に悲壮感がありますね。それが兄の歌いまわしに、とても合っているだろうなと思ってたんです。そして蓋を開けてみたら、声の圧力というか、力がこもった歌いまわし、やっぱりとても良かったです。

 よしりさが階段の上に登ったりして、影の手下さんや着ぐるみと、ハイタッチ、手をつないだりという振付が多く、歌にとても合ってて、そして友達の絆を感じさせてくれて、感動がジワジワ迫ってきました。
 最後にこの曲を持って来てくれて、これはまた良い位置でした。

 ゆういちろう兄は特に汗ビッショリで、どの曲も振付が激しくてしかも連続だったたから、どこかでシットリ系の曲が入っていれば良いのにと老婆心ながら(老爺心?)思いました。静かな曲が間に入ると、動きがゆるやかになるんですけどね。


>♪ベルがなる  Y♪A♪LU ガラぷ♪

 さあ、最後の締めくくり。中央に立ったガラピコの後ろで、今日はよしりさがメトロノームでした。コンサート版だとセンターで目立っていいですね。
 最後、緞帳が降りきるまで、しゃがんで精一杯手を振ってくれた兄姉でした♪

---
 今回のファミコン、これまた魅力がギュッと詰まって感動作でしたね。シルエット博士、ゆういちろう兄の代表キャラの後世に語り継がれる名作と言えると思いました。特に色々大変でお疲れ様でしたね。
 さて、そしてこれはTwitterでも多くの声が出ているように、あつこちゃんのプリンセス・ミミィをメインにしたファミコンも待ち遠しいですね。元々、住んでいる音の城の全貌?が明らかになるでしょうか? 包み隠さず開陳して欲しいなあ。楽しみです♪ (^▽^川
引用なし

パスワード


291 hits
・ツリー全体表示

280 / 340 ツリー    ←次へ | 前へ→
 36,572
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v0.99b8
◆過去ログ1(2001/06/30〜2002/01/15) ◆ログ2(2002/01/15〜2002/08/11) ◆ログ3(2002/08/11〜2007/09/30) ◆ログ4(2007/09/30〜2011/09/27) ◆ログ5(2011/09/27〜2017/07/03)