投稿時、お好きなアイコンをこの 一覧 (←ここをクリック!)から選んでくださいね。
背景を→ Lavender Garden さんからお借りしました。m(_ _)m
◆過去ログ1(2001/06/30〜2002/01/15) ◆ログ2(2002/01/15〜2002/08/11) ◆ログ3(2002/08/11〜2007/09/30) ◆ログ4(2007/09/30〜2011/09/27)
9 / 230 ツリー    ←次へ | 前へ→

【861】月歌6月 あめのひドキドキ ぎょうざ 17/6/15(木) 6:32 すっきりしました

【861】月歌6月 あめのひドキドキ
すっきりしました  ぎょうざ  - 17/6/15(木) 6:32 -
 言いたいことから真っ先に書いていきます。(^^)


>●アニメ

 見終わった直後のホヤホヤの感想は、うわお、絵が徹底的に可愛い!\(⌒-⌒)/ でした。

 まず男の子、女の子、とても可愛いですね。愛着をもったお子さん、半端なく多いのではないでしょうか?
 あの子達、小さい頃のあつこ姉ゆういちろう兄を見ているみたい…と思ったりします。(^-^)
 また、いっそ、二人で実際にあの子達に扮装して、兄姉が出演する実写版を作って欲しいとも思ったり。
 あのアニメのまんまで、顔の部分だけ、ゆうあつの実写の顔で作ってくれても良し…とも思ったりして。有り得ない意見のように思うかもしれませんが、顔だけ実写というのも今まで無くは無いんですよね。あきりょう時代の2000年 ♪まるまってる・のびている がそうでした。

 男の子女の子(←郷ひろみさんのデビュー曲みたい)に、お供として付き従っている(?)、「蛙」と「かたつむり」も可愛い。カタツムリに足があって歩いているのも・・・なんともシュール(苦笑)。・・・まあ、これからの長い進化の道筋、どこかでこのように歩くことが無いとも言い切れません!(マジすか?)

 お腹を叩いている白い雲のキャラも可愛い。アメンボが出てくるとは! 珍しいですね。彼がちょっと足が肉厚で可愛い!
 最後に、お母さんが女の子を、お父さんが男の子を寝かしつけているのも、家族愛に溢れてて素敵な終わり方。今日も色んな雨の中の新発見があって良かったね、おやすみ。また明日も色々見つけようね…みたいな感じですね。(^^)

 それから、もう、全体的に、色んなものがカラフルで綺麗! 紫陽花とか、傘とか、虹とか。色をほとんど取り揃えた感じで、クレヨンとかクレパスとか絵の具みたい。
 そして、ゆうあつで、最初の月歌♪そよかぜスニーカー もそうですが、これも、色んな色がパステルですね。いやあ、似合っテル

 さてさて、この子達の絵に見覚えがありました! この絵の作者は、井上雪子さんでしたね。
 私の大好きな ♪冬の娘リッカロッカ の時の男の子女の子 とクリソツでした。
 この ♪冬の娘…は、たくみお姉さんの歌では私、3本指に入る好きな曲です。
 当時の感想は↓です。
    http://moi-moi.jp/cgibin/cb-moyuku/c-board.cgi?cmd=one;no=410;id=8

 それから、井上さんは、たくみお姉さんの最後の月歌だった、2016年2・3月 ♪キミといっしょに も絵を担当してくださっていましたね。
 当時の感想は↓です。
    http://moi-moi.jp/cgibin/cb-moyuku/c-board.cgi?cmd=one;no=603;id=8

 これまた勝手ですみませんが、井上さんの今回の呟きを示させて頂きますね。
    https://twitter.com/snow_nyaho/status/871511904560205824


>●歌声

 作品の持ち味に合わせて、ちょっとこう楽し気に、そして気持ちよく淡々と歌ってくれていますね。聞いて、湿っぽい梅雨の時期が、これまた色んなものの発見で、聞いた子供達も楽しくなるかも。こういった、雨の中の楽しいこと再発見!…みたいな曲が梅雨は一つのトレンドかも。だいたく時代の ♪ながぐっちゃん!! も、あきりょう時代の ♪あめふりりんちゃん も。
 この曲も、ゆうあつを代表する梅雨ソングになるかも。(^^)


>●【作詞】浦野紘彰さん

 初めて拝見するお名前でした。ググッたんですが、残念、サイト、BLOG、SNSが発見できませんでした。
 カゴメ『トマレピ!』TVCFのところで、CMプランナー、コピーライターでお名前が見れました。

 今回の詞、これまた感心しました。梅雨の身の回りで見れるもの、これを色んな切り口で見せてくれましたね。
   ・1番で「音」に注目
   ・2番で「色」に注目
   ・3番で水たまりを覗いて見えた「逆さまの世界」に注目
 うーん、面白いアングル! 1番、2番とは毛色が違った逆様を3番に持ってきた着想もまた斬新


>●【作曲】牧野奏海さん

 各1、2、3番の最初の方は、訥々とした進み方で、後半から、こうワクワクが心から弾けだしてくる…そういうった展開で、これが雨の日の色んな再発見の主旨にとても合ってると思いました。

 昨年度のだいあつ時代の 月歌7月 まほうのくつ が牧野さんの曲でした。
 また、2011年9月の ♪こんやこんにゃく、 2013年1月の ♪いえイェイ!!、2014年9月の ♪カオカオカ〜オ を提供してくださっていますね。これで、おかいつでは本曲で5曲目で常連でいらっしゃいます。
 こうやってみると、♪こんにゃく…はヘビメタっぽいロックだし、♪いえイェイ…とかは弾けまくってポップだし、♪カオカオ…はカラッと明るく元気だし、♪まほうの…は、こう勇気をくれるような感じだし、今回は、ちょっと大人しい感じからワクワクだし、いやあ、詞に合わせて自在にその雰囲気のメロディー作られる力量素晴らしいですね。感心しました。
引用なし

パスワード


1,067 hits
・ツリー全体表示

9 / 230 ツリー    ←次へ | 前へ→
 63,896
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v0.99b8
◆過去ログ1(2001/06/30〜2002/01/15) ◆ログ2(2002/01/15〜2002/08/11) ◆ログ3(2002/08/11〜2007/09/30) ◆ログ4(2007/09/30〜2011/09/27)