投稿時、お好きなアイコンをこの 一覧 (←ここをクリック!)から選んでくださいね。 過去ログは 掲示板入り口 か本ページ末をご参照ください。  背景を→ Lavender Garden さんからお借りしました。m(_ _)m
43 / 64 ツリー    ←次へ | 前へ→

【86】ゲームの話 ピグPC版終了 ぎょうざ 19/3/12(火) 22:31 大根
【98】PiggLife Re:ピグ終了 ぎょうざ 19/11/26(火) 3:23 人参(歯磨き)
【99】AmebaPigg Re:ピグ終了 ぎょうざ 19/11/28(木) 23:35 フクロウ
【100】PiggIsland Re:ピグ終了 ぎょうざ 19/11/30(土) 16:01 船
【101】PiggCafe Re:ピグ終了 ぎょうざ 19/11/30(土) 17:03 ラーメン
【102】PiggBrave Re:ピグ終了 ぎょうざ 19/12/2(月) 5:53 猫
【103】PiggWorld Re:ピグ終了 ぎょうざ 19/12/2(月) 6:34 ありがとう

【86】ゲームの話 ピグPC版終了
大根  ぎょうざ  - 19/3/12(火) 22:31 -
 ゲームの話です。

 本日、以下の案内がAmebaから出てきました。
   https://content.ameba.jp/pigg/announce_close/
 「PC版アメーバピグに関する大切なお知らせ」

 ついに来たかという感じです。
 危ない危ないと覚悟してきましたが、とうとう遂にPC版は今年12月で終わります。

 思えば、随分と遊ばせて頂きました。
 サイバーエイジェントさんには大変感謝しております。
 PC版がなくなったら、私はもう遊ばないと思いますね。スマホ版に移ろうという気がしないんです。

 最初のAmeba Piggというアバターを使って出会うネットのお遊び、2009年に始まったそうです。今年で区切りよく、ちょうど10年ですね。

 私は、2012年に、当時あった、BSおかあさんといっしょ かまだみきお姉さんのAmebaのブログ(今は閉鎖されている)に行っていて、たまたまAmebaのゲームを見つけました。そしてハマりました。

 最初に始めたのがピグライフ。農園型ゲーム。
 そこからがAmebaのPC型ゲームの勃興期で、ピグアイランド(島の工作系)、ピグカフェ(カフェレルトランの運営)、ピグワールド(市を作るシムシティみたいなもの)と次々と新しいゲームが立ち上がっていきました。
 どれも手掛けて、相当遊びましたが、
 ピグアイランド、ピグカフェと次々と終了になっていきました。
 ピグワールドはしばらく続きましたが、これも終了となりました。
 最後の砦となった、最初の本格的ゲーム、ピグライフ、これはずっと私、遊んできましたが、これも合わせて今年12月にいよいよ終了です。
 場所は↓。「ぎょうざ」という名前で生息しています。
  https://life.pigg.ameba.jp/main?frm_id=c.pc-inner-pigghome-gamebar-pigglife

 今年12月まではまだ続けますが、今までネットで一緒に遊んでくださった皆様、本当にありがとうございました。
 これらのゲームは、皆、一貫して同じ特徴がありました。
 いわゆる「ガーデニング」なんです。皆、自分自身の庭(あるいは家、島、レストラン、市…等)を作る。それを皆に見て貰いたい。だから色々と拡張して豪華にしていく。そういった育成型ゲームです。


 本当に今回の終了、残念です。
 サイバーエージェントさん、このネットゲームで一時代を築いたと思うんですよ。
 日本人だけではなく、外国から参加される方もいらっしゃいました。
 このゲームが終わってしまうことが本当に悲しい。(ToT)
 できれば、スマホ版ではなくて、またPC版を復活して欲しい気持ちが強いです。
 私は小さい画面ではゲームをする気が起きないんです。

 皆さん、ご存知のように相当数のタレントさん、おかあさんといっしょの兄姉さんもそうですが、Amebaのブログをやってらっしゃいます。またAbemaTV等、色んな有力なコンテンツをお持ちです。
 日本を代表する企業として、これからもサイバーエージェントさんには益々ご活躍して頂きたいです。
 
 投稿アイコンは、農園(ピグライフ)の一つの作物、大根で。
引用なし

パスワード


385 hits
・ツリー全体表示

【98】PiggLife Re:ピグ終了
人参(歯磨き)  ぎょうざ  - 19/11/26(火) 3:23 -
 さて、AmebaゲームのPC版終了の期限12月2日がそろそろ迫ってきました。

 Amebaから先日公開されてきた案内をまた指させて頂きますね。
   https://ameblo.jp/pigglife-staff/entry-12445059783.html

ちょっと大事な部分を抜粋させて頂きます。(太字部分
<引用始め>
■ サービス終了に至った経緯について
PC版アメーバピグおよびPC版ピグサービスは、アドビシステムズ(以下Adobe社)の提供する「Flash」という技術を用いて、2009年2月よりサービスの提供を行ってまいりました。
しかし「Flash」を表示できないスマートフォンがこの10年間で大きく普及したこと、さらにブラウザ上で「Flash」に対する脆弱性が多く指摘されるといった理由から、PC版ピグサービスが使用していた「Flash」の技術自体の開発およびサポートが2020年末をもって終了となることがAdobe社より正式に発表されました。
これに伴い、Internet ExplorerやGoogle Chromeなどすべての主要ブラウザでFlash Playerを再生することができなくなり、ブラウザ上でPC版アメーバピグも起動できなくなります。

</引用終わり>


 かえすがえすも終了が残念なのですが、今回のことに関連して二つのことを思いました。

(1)根幹技術の自社化
(2)PCに比べたスマホの優位性


>(1)根幹技術の自社化

 上記原文の後続の部分でAmebaでフラッシュの代用として基礎技術を作ろうとされたけど断念したというようなことが書かれていますね。
 Adobeは言うまでもなく外国の大きな会社です。もう色んな技術のデファクトスタンダードを握っています。それでもこの技術から撤退ということになりました。
 前に別スレッドで、↓の中で、自国の基幹となるIT技術を構築すべきだと書きましたが、
   http://moi-moi.jp/cgibin/cb-moyuku/c-board.cgi?cmd=one;no=90;id=9#90
 このFlash技術相当が、Adobeではなく、Ameba自体が握ってサポートを継続していたら今回の事態は防げたのではないかと思ったりします。あるいは、Amebaでなくても日本国内の別の企業で実現していたら。
 日本企業の外国企業への依存を痛感した今回の出来事でした。
 例えば、仮に…の話として、私は愛用しているからTwitterが無くなってしまうと大変困ります。Instagramもそうです。LINEやFaceBookやAmazonやGoogleも倒れてしまうと大勢の皆さんがそうでしょう。
 私は、全部日本国内で自前でやるべきだとは思っていません。今からライバル企業として頑張って同等機能を国産で用意しようとしても、それに割くリソースが全然足りないと思います。
 韓国が日本の半導体素材輸出の厳格化に対して、それはもう大騒ぎをしたニュースを韓国メディア(朝鮮日報、中央日報、東亜日報、YNA 聯合ニュース)の日本語版サイトでしばらく読んでいました。その時、日本の報復に対する対抗として韓国国産で素材を作ろうと文在寅政権はしきりに言っていました。ただ、これは方向性としては変ですね。自国で作るのにどれかけリソースを割くのか。今までは友好的に貿易ができていたわけです。日本が次々と貿易を厳格化するわけではありません。それをすると益々日本も苦しくなります。韓国は、まず根本原因となった徴用工問題の解決を日本と進めるべきでしょう。
 これだけアメリカ優勢のIT技術を日本はどっぷり使っているわけですが、私はそれはまだましだと思っていて中国産のを使うべきではないと思っています。大きな理由は一つ。中国は共産党独裁国家だからです。これはかなり不安。ただアメリカどっぷりではなく、少しでも基幹技術を育てるべきです。大手のGoogleやAmazonと張り合っても勝てないから、まずはニッチなところででも技術を磨いて比較優位のある産業を育てるべきでしょう。目を見張る別分野の技術があればアメリカと提携することもできます。


>(2)PCに比べたスマホの優位性

 Amebaからの広報の文章の中でもここに少し触れられていますね。実は(1)と(2)の重みを考えると、こちらの(2)自体の方が重いのでないかと想像したりします。ただその根拠となる情報を私は知っていないからはっきりしたことは言えません。
 Adobe自体がFlashを諦めた、その根本原因が、それはスマホの隆盛、PCの退化があったからと考えられるかもしれません。
 パズルやスロットやカードなどの簡単な画面ゲームだとスマホで十分なのかもしれません。ただ、私はピグライフのように土地を広げて庭を大きくしていくゲームだと広い画面のPCをどうしても使いたいですね。
 今回のことを教訓とするのであれば、企業は技術のトレンドがどこに向いているかいつも鋭敏に察知し、そちらに向かって投資し技術を発展すべきだと言えるのかも。
 落合陽一さんの本を2冊持っていて読んでいるんですが、スマホがいつまでも優位かどうかも判らないと仰っていますね。例えばVRなどの技術が盛んなように、ゴーグル型が出てくる可能性もあるかもしれないというようなことが書かれていました。電車やバスでは今皆スマホをいじっていますが、ゴーグルをかけて座る人が多くなるということが起こり得るかもしれないですね。そうするとそちらの端末向けの技術の方に企業はシフトしていくことになるでしょう。これは例えばの話であって、可能性が高いわけではありません。


>では思い出に

 では、これは全く自己満足で申し訳ないんですが、PCのゲーム世界が無くなるので思い出に、私のゲームの画像を貼り付けますね。
 今まで、ゲーム内で遊んでくださった皆さん、誠にありがとうございました。
 まずはピグライフ(PiggLife)からです。
 Amebaの中で一番最後まで続いたゲームでした。
 こういう庭型ゲームは、多分、それまでにも他の会社であったのでしょう。私は他社のをやったことがありませんが。
 このガーデニング型は、他のAmebaのゲームでも通底していた根本的なゲーム原理だったと思っています。
 つまりゲームに参加する。友達を作って行き来する。自分の作った庭を見てもらう。料理を作って友達に食べてもらう。一定期間ごとに持続的にイベントがあって、そこで順位を競争する。画面上、見栄えのする景品をもらう。

 まずは全体的な画像から。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191126_pigglife11
 次にもうちょっと近影から。パン屋の素材の景品が貰えるイベントがあった時に、パン屋風のを作ってみました。X'masが近いので私はサンタっぽい格好を今しています。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191126_pigglife12


 他のゲームについても後続でレスしていきます。自己満足なので、他の方がご覧になられても面白くないと思いますが、ごめんなさい。
引用なし

パスワード


93 hits
・ツリー全体表示

【99】AmebaPigg Re:ピグ終了
フクロウ  ぎょうざ  - 19/11/28(木) 23:35 -
>他のゲームについても後続でレスしていきます。自己満足なので、他の方がご覧になられても面白くないと思いますが、ごめんなさい。


>●AmebaPigg

 では、次にAmebaPiggです。これは、Amebaのコミュニティの場となる最初の空間でした。ここには沢山の小さな出会いの場やミニゲームがありました。
 元となる住居ですが、私の住処はこちらでした。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191128_amebapigg11.jpg
 課金すれば、部屋を広げることができて、色んなものも配置できるんです。でも私はそれをやりませんでした。ですので殺風景です。ちょうどこの時は猫耳を付けている衣装です。

 ちなみに、私は全てのAmebaのPC型ゲーム、無課金で通しました。ただで遊べる部分だけで存分に楽しんだ輩です。ですので、Amebaさんに強い要望とかを言える立場では無いんです。(^-^;


>●麻雀

 色んなゲームが沢山ありましたが、私は感慨深かったのをまず一つ挙げると麻雀ですね。画像は載せません。自由に出入りした人達がそこで四人で面子(めんつ)を組んで麻雀をやることができました。この機能があっては、世間の全雀荘は悲鳴をあげるだろうな・・・と思っていました。
 自ら雀荘に出向いていって、しかもお金を払う必要がありません。雀荘ではないと仲間と話ができないじゃんと思われるかもしれませんが、このゲームのチャット機能で会話ができるんです。もちろん、直接相手の顔は見れませんが。


>●ピグパズル

 次に、後半で出てきたゲームの一つにピグパズルというのがあって、これもかなり楽しませて頂きました。↓がその一画面です。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191128_piggpuzzle11.jpg
 パズルのゲームって、それはもう世の中に沢山あるんでしょうね。
 私はスマホでゲームをしないですが、スマホでもどっさりゲームがあるんでしょうね。
 実は、PCに常備されているMicroSoftのトランプゲームで最近ちょっと遊んでいるんですが、昔のWindowsだとPC単体に閉じていましたが、今はネットゲームですね。このソリティア等のトランプゲームをする前に出てくるゲームの広告で、このパズル型がまあどっさり何回も出ること。あと、もう一つ多い広告はスロットです。
 パズルゲームって、おおもとを辿るとテトリスでしょうか? そこらへんの歴史に詳しい方は、かなりいらっしゃいそうですね。
 さてこのAmebaのピグパズル、もとは他にもあったゲームを脚色して取り入れたものだと思います。ただ遊ぶと素朴に面白かったです。Amebaの特徴である可愛い人や動物が出てくるのも、可愛い好きの人には好評だったんだと思います。
 では投稿アイコンは、このゲームのマスコットキャラのフクロウで。

 さて、余談ですが、パズルゲームってなんでこんなにハマってしまうんだろう?と考えたことがあります。ちょっと思ったことがあって、いつか機会があったら、返信の形で投稿をつなげますね。^^
引用なし

パスワード


86 hits
・ツリー全体表示

【100】PiggIsland Re:ピグ終了
船  ぎょうざ  - 19/11/30(土) 16:01 -
>他のゲームについても後続でレスしていきます。自己満足なので、他の方がご覧になられても面白くないと思いますが、ごめんなさい。

 では次にピグアイランドです。
 南海の島を拡張して、木材、石材、草花、宝石、貝殻などの島の材料を使い工作をして、建築をしていくゲームでした。

 まず最初の画像はこちら。私が南国の服を着ています。上にあるのは私の船。私の下に幾つか工作台。左上にある人形達は、私が作った木彫りの人形達です。チェスの駒のように並べてみました。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191130_piggisland11.jpg
 次に島の全体像。画面の左右に高い塔を作ってみました。左の等の上にある人形達は、ピーターパンのイベントの時に景品で貰った迷子(Lost Boys)です。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191130_piggisland12.jpg
 最後に右側の塔の最上階です。これもあるイベントの時の景品を並べて温泉宿のようにしてみました。服を着たまま湯舟に入っていますが、どうかご容赦ください。^^
   http://moi-moi.jp/pigg/20191130_piggisland13.jpg


 このゲームについては以下のようなことを思います。


>●兄弟喧嘩

 面白いゲームだったと思うんですが、始まってから一番最初に終了してしまいました。
 ピグライフが最初に始まってから、ユーザがドカンと増え、大賑わいになったあと、次々とゲームをAmebaさんが立ち上げていきました。後述するピグワールド、ピグカフェ、そしてこのピグアイランドです。
 ここで私は「立ち上げ過ぎ」、「兄弟喧嘩」になってしまったんじゃないかと考察しています。つまり同種のビジネスで客の奪い合いになってしまい、結果衰退してしまったのはないかと。
 これは兼ね合いが難しいんでしょうね。同種のビジネスが集まっていても、そこが名所となって栄える場合もあります。
 例えば秋葉原。電気店が沢山ありますが、皆それを目当てにしており、名物になっていて賑わって外国客まで来ますね。
 例えば横浜中華街。広東料理中心ですが中華料理の店が山のようにあり、それがまた名物でお客さんがこちらもどっさりきます。
 古いところで言うと、大阪の問屋街とかもそうでしょう。問屋が集中しているからその場所を目指して小売店がどっさり仕入れにやってきます。
 でもここまで発展して名物にならないと、普通に同種の店同士が集まっているとお互いに商売敵でやはり客を奪い合ってしまうでしょうね。

 親投稿で言ったように、ピグのゲームは基本の考え方が同根なんです。つまり、自分の庭なり店なり町を用意してそこを頑張って発展させていく。お友達を作って自分の庭(等)に来てもらう。そして作物に水をやったり、料理の手伝い、工作の手伝い等をしてもらう。それをすることにより相手にも自分にもメリットがある。
 特にこのピグアイランドは、島と庭ということもあり、ピグライフと被る部分が多かったと思いました。ライフは作物を収穫して料理を結果作るのですが、服の材料の綿や麻を作物で採取することもありました。こちらアイランドも同じような植物採取がありました。

 どこが臨界点になるのか、私は経営学や経済学のことは知らないんでよく判りません。
 ただ、お客の盛り上がり具合を見ながら、新ゲームを投入するかどうか決めると良かったのでは?と。事を急ぎ過ぎた気がして、もっとゆっくりゲームを立ち上げればもっと続いたのではと思うと、残念です。


>●奥が深い

 同時に一斉に色んなピグのゲームが始まったので、実は私はこのピグアイランドは優先順位が一番低く、一番がピグライフ、二番がピグワールド、三番がピグカフェで、これが最後でした。
 でもピグアイランドが終わってしまって改めて思ったんですが、深く長く遊べる面白いゲームであることに後で気づきました。終わった後も、しばらくログインして手をかけていましたね。最初に木材や石材を作る、そこからまた色んなグッズを作っていく…と段階を踏んでいるんです。更に台を使い出来上がるまでの時間が1日かかったり数時間かかったりする。来訪者にお手伝いしてもらうと完成時間が短くなる…と面白かったです。先ほど書いたように、それでハマって、私は島の左右に高い塔をこさえました。
 そしてこれは運営スタッフさん自体が公示で仰っていましたが、ゲーム運営の方自身がマニアックな方がおられてかなり凝ったりされていたとのこと。その雰囲気はゲームで定期的に来るイベントを何度かやっていてそれとなく感じることができました。


>●女性と工作

 ゲームをやっていて、女性の方々で結構このアイランドにハマっておられたからちょっとビックリしました。というのは土木建築、工作というと女性より男性というイメージがあったからです。もう一つ別のゲーム・ピグカフェは、こちらはレストランの料理を作るゲームでした。料理というと、家庭でも飲食業でも女性が中心のイメージがあるので、こちらのゲームで女性が多いのは自然な気がしました。
 さてそれで、土木建築や工作って、やはり力、体力的なところがネックなんだなと考えたりしました。ゲームの世界の中ではお子さんでも女性でも軽々と物作りができます。でも実際のビジネスでは、きついし危険も伴うし、どうしても大人の男性の方が従事することが多いですね。
 このゲームを通じて、女性がけして工作が嫌いなのではなく、力を簡単に発揮できれば、参加は容易なのではないかと思いました。
 これからテクノロジーもまた発展していくでしょうし、実際のビジネスで女性の参加も増えていくのではと思い、またそうあって欲しいと思います。
 例えば同じように力を使うことが多い介護の分野とかでは、ロボット化等で操作を覚えればもっと簡単にお年寄りを抱えたり移動したりできるという風に発展するといいと思います。
引用なし

パスワード


159 hits
・ツリー全体表示

【101】PiggCafe Re:ピグ終了
ラーメン  ぎょうざ  - 19/11/30(土) 17:03 -
>他のゲームについても後続でレスしていきます。自己満足なので、他の方がご覧になられても面白くないと思いますが、ごめんなさい。

 では次にピグカフェです。
 カフェと名前がついていますが、レストラン経営のゲームでした。実際にもCafeという名だけどちょっとした軽食を出す店はありますね。
 このゲームは、どこか外国のゲームで元ネタがあるのではないかと思っていました。

 レストランを開店する。各国の色んな料理を作って並べる。自動で動くお客さんを招き入れ料理を食べてもらう。稼いだお金でまた料理を作り、店を拡張したり備品を揃えたりする。
 お互いの店を行き来してお手伝いをします。そうすると相手の料理の数が増えます。
 画像の数の都合であまり多く見せてもなんなんで簡単に言葉だけで済ませますが色んな料理がありました。
 カフェのコーヒーやナポリタン、豚肉の生姜焼き等、日本の喫茶店風の品ぞろえ。アメリカ、東南アジア、イタリアン、ロシア料理、中国料理、フレンチ、メキシカン、小料理屋風の和食、バリ風リゾート料理、スペイン料理、イギリス料理、インド料理、ブラジル料理、ドイツ料理、トルコ料理、スイス料理、ハワイ料理、カナダ料理。


 まず最初の画像はこちら。私が白と水色のシェフの姿です。自動で動く店員が6人います。お客さんが次々と入っては食べ終わってでていきます。
 料理を全て見せられないので、フレンチだけを代表でレシピを広げてみました。順に、カフェオレ、クロックムッシュ、ガレット、クレームブリュレ、子羊の赤ワイン煮込み、フォアグラトリュフ乗せ キャビアを添えて、です。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191130_piggcafe11.jpg
 次に店の右の塔を拡大したもの。階段の上に乗っています。各フロアにイベントで景品で貰ったワゴンやショーケースやパン陳列棚を並べています。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191130_piggcafe12.jpg
 最後に、私の店全体のふかん図。ピグアイランドの時と同様に左右に高い塔を作っていました。塔は高いところで連絡通路でつながっています。私が立っている所には景品で貰った金魚の水槽があります。反対側にはテレビがあります。中央真ん中下部に居る人は一か所に固まった店員6人です。(固まって一人に見えます)
   http://moi-moi.jp/pigg/20191130_piggcafe13.jpg


 このゲームについては以下のようなことを思います。


>●料理の面白さ

 面白いゲームだったと思うんですが、始まってから残念ながら二番目に早く終了してしまいました。
 私は料理を食べるのが好きだから…ハンドルネームも料理の名前ですが…これまた楽しめました。
 料理を作ってお出しして食べてもらってお金を稼いで椅子やテーブルを新たに買って店を広げて、また新たな料理を出して…と繰り返しました。
 ただ、だいぶゲームをやり慣れてくるとマンネリというか短調な作業だったから、ちょっと飽きてきましたね。法則化されていない、もっと何かこう変わったことがやりたいと思うようになりました。


>●料理の種類

 色んな各国の料理がレシピで出てきたから、知らない料理名の勉強になりました。
 ただ、残念ながらお隣の国、韓国の料理が最後まで無かったですね。
 これは、ゲームが運営されていた頃は韓国が朴槿恵政権でしたが、(その頃は私はあまり韓国関連のニュースは見ていなかったんですが、)けっこう嫌韓が盛り上がっていたようで、それに配慮してゲーム運営側が韓国料理を出さなかったそうですね。
 あの頃に比べると、今の文存寅政権の方が更に嫌韓ですね。
 それにしても韓国料理が無いのは残念でした。特に焼肉は日本人は大好物ですね。牛肉料理ではこれが好きだという人(特に男性の若者)は大勢いますね。ベスト3に入っているじゃないでしょうか。
 どれからキムチもそうだしビビンバもクッパもそうだし、サムギョプサルとかチーズダッカルビとか、新たな料理が次々とブームになりましたね。
引用なし

パスワード


157 hits
・ツリー全体表示

【102】PiggBrave Re:ピグ終了
猫  ぎょうざ  - 19/12/2(月) 5:53 -
>他のゲームについても後続でレスしていきます。自己満足なので、他の方がご覧になられても面白くないと思いますが、ごめんなさい。

 では次にピグブレイブです。
 このゲームは、他の庭型ゲームとは違って戦闘型のゲームでした。
 こういったゲームは、スマホでも沢山あるんでしょうね。あるいはPCでも韓国でゲームがあると聞きました。多分、このゲームも元ネタは外国にあったんだと思います。

 自分自身がノンプレイイングキャラクター(勝手に動くキャラ)を仲間にしたり、他のネット仲間とパーティーを組んで、敵のボスと戦うものでした。
 どうしてもこういったリアルタイム系って、私、トロくて苦手なんです。(^^;
 だから、一緒に戦ってくださった皆さんにはだいぶご迷惑をおかけしました。この場を借りてお詫びします。
 時間に制約が無いオットリ型のピグライフとか、あるいはパズルとかが好きでした。
 逆に運動神経が活かされるシューティングとかバトルとかは苦手です。だからゲーセンの時代でもゼビウスとかはあまりしませんでした。ファミコンでもスーパーマリオシリーズも苦手です。


>●仲間キャラ

 さて、このピグブレイブは遅れて登場したゲームでした。
 火、水、雷、光、闇、斬、突、打 の八つの属性があってそれぞれ老若男女色んなキャラがいて仲間にすることができます。
 どっさり紹介する時間も手間も無いので一人だけ。
 ミレイという水属性の娘です。この子は初期に仲間になってくれて旅を長い間一緒にして本当役立ってくれました。ありがとう!
   http://moi-moi.jp/pigg/20191202_piggbrave11.jpg


>●ボス1

 敵のボスを抜粋してまず一人紹介しますね。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191202_piggbrave12.jpg
 薔薇の女王です。
 四人で戦っている中で、水色と白の僧侶の格好が私です。このピグブレイブだけ、他のゲームとは私の顔が違っていてこちらでは浅黒い顔をしています。
 この薔薇の女王、戦っている最中に床から次々と薔薇の棘が出てきたりして薔薇の特徴がよく出ているなと感心したりしていました。


>●ボス2

 敵のボス二人目です。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191202_piggbrave13.jpg
 パステトという猫の敵キャラです。場所がエジプト風です。お供には黒豹が2匹ついています。
 静止画なのでここでは判りませんが、この猫キャラ、戦っている最中、腰の動きがセクシーなんです(笑)。猫らしく柔軟だなあ〜と感心していました。


  さて、ということで、次がいよいよラストです。
引用なし

パスワード


158 hits
・ツリー全体表示

【103】PiggWorld Re:ピグ終了
ありがとう  ぎょうざ  - 19/12/2(月) 6:34 -
>他のゲームについても後続でレスしていきます。自己満足なので、他の方がご覧になられても面白くないと思いますが、ごめんなさい。

 では最後にピグワールドです。
 これは、2番目に息が長いゲームでした。最後に残って続いたのはピグライフだけでしたが、これもかなり続きました。私はかなり好きでこれも長く楽しませてもらいました。


>●似たゲームは

 皆さん、シムシティというゲームをご存知でしょうか?
 町を広げて建物をどんどん立てていくので、それと似ていましたね。
 ただ、シムシティだと最初に発電所を作りますが、それはありませんでしたね。
 それから、建物一つ一つに住民を代表するキャラを住まわせることができるんです。また建物がそれこそ色んな種類がありました。


>●町世界

 まずこちらが一つ目の画像。こちらは近景。私が中央に立っています。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191202_piggworld11.jpg
 焼き鳥屋とか八百屋とかCafeとか色んな店があります。

 こちらは遠景。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191202_piggworld12.jpg
 まず最初に役所を立てるんですが、それこそ色んな種類の建物がありました。警察署、消防署、病院、動物園、博物館・・・。最後の方にはテレビ局も出てきます。

 こちらはもう一つ別の世界。海の国です。
   http://moi-moi.jp/pigg/20191202_piggworld13.jpg
 左上にドッサリと水族館を立てています。


>●お手伝い

 ピグライフを初めとしてこういった庭型ゲームは、皆ネッターさん同士で行き来してお手伝いをするんです。
 ピグライフだと相手の畑に水やり。ピグアイランドだと工作台みがき。ピグカフェだと料理のお手伝い。
 ここピグワールドでは相手の町に行って掃き掃除をします。町を綺麗にということですね。ちょっとその動きが、天才バカボンのレレレのおじさんに似ているな〜と思っていました。
 どのゲームも同じ原理ですが、他のネッターさんに来てもらって手伝ってもらって、双方にメリットがある。そこを餌にして、自分の完成物を見てもらうんですね。
 これは、実生活のガーデニングに似ています。庭を一生懸命お手入れして花を咲かせて、できるだけ大勢の人に見てもらいたいですよね。これが実生活だと大変だけど、ネットだと簡単に行き来ができるわけです。


>●キャラ

 町には色んなキャラクターがあらかじめ準備されていました。
 結構芸能人に似た名前のキャラも多くいました。例えば嵐の5人は全員いました。ちょっと顔も似ていましたw
 それから、おかいつキャラに似た名前の人も大勢いました。運営側に好きな人がいらっしゃったからかもしれません。
 そういう住民は速攻で急いで町に住まわせたのは、いうまでもありません。

 前にこういった投稿をしたことがあります。
   http://moi-moi.jp/cgibin/cb-moyuku/c-board.cgi?cmd=one;no=300;id=8
   http://moi-moi.jp/cgibin/cb-moyuku/c-board.cgi?cmd=one;no=322;id=8
   http://moi-moi.jp/cgibin/cb-moyuku/c-board.cgi?cmd=one;no=359;id=8


>●ということで

 今日12月2日が期限ということで、今まで紹介したゲームの世界は消失します。今まで長い間楽しませてくださってどうもありがとうございました。
 m(_ _)m
引用なし

パスワード


159 hits
・ツリー全体表示

43 / 64 ツリー    ←次へ | 前へ→
 3,576
ページ:  ┃  記事番号:  

C-BOARD Moyuku v0.99b8
◆過去ログ1(2002/02/05〜2016/08/19)